DNA解析

DNAとは

DNAとは、アデニン・グアニン・シトシン・チミンの4種類から出来上がっています。DNAは30億あると言われており、私たちの身体を作る設計図です。この設計図を基に、私たちの細胞60兆個が作られるのです。もし1つでもDNAに問題があれば、60兆すべて問題がある細胞になってしまいます。ですので、DNAを調べる事は、ご自身の問題点を早く知り、その対応策を考え、行動できるということなのです。今までは、何年もやってみないと自分にあっているのかあっていないのかがわからなかった事が、DNAを調べることにより、最短で知ることが出来る最高のツールなのです。今調べても、20年後しらべても同じですので、早く調べたほうがいいということです。


DNA解析”DNAprosport”でわかる14のこと

《UCP1》熱を作り出すことができるかどうか

《β3AR》中性脂肪を分解しやすいかどうか

《β2AR》痩せやすいか、筋肉が低下しやすいか

《ACTN3》長距離向き(持久力タイプ)か短距離向き(瞬発力タイプ)か

《TRHR》骨と筋肉がつきやすいかどうか(甲状腺ホルモンとの関わり)

《VDR》骨が作られやすいか(ビタミンDの吸収力)

《MEF2C》骨が壊れやすいかどうか

《FTO》体脂肪がつきやすいかどうか(運動をしないと痩せづらいタイプか)

《SLC2A2》糖質がすぐに使われてしまうかどうか

《COMT》痛みに強いか弱いか(ドーパミンとの関わり)

《rs17608059》忍耐力があるかどうか

《NQO1》疲れを溜めやすいかどうか

《Mn-SOD》活性酸素が溜まりやすいかどうか

《MTHFR》動脈硬化になりやすいかどうか(脂質を酸化させてしまうかどうか)

「DNA解析キット」ご購入の方はこちら


食事バランスをcheck

自分の食事を入力するだけで、今自分には何の栄養素が足りないのか、起きている症状の原因を栄養バランスグラフでチェックすることができます。栄養バランスを分析することで、必要な食品とサプリが明確になります。これら全てをアプリでいつでもチェックすることが可能です。


DNA別トレーニング方法をcheck

DNAからみるトレーニングパターン動画=246パターンあり、さらに心拍数もかわります。その中からあなただけにあてはまる動画を見ることができます。

コアストレッチはDNAに関係なく、12パターンのコアストレッチ方法があります。これは、メジャーリーガーの専属トレーナーが編み出した、怪我をしない、怪我を早く回復させるためのコアストレッチの方法(ノウハウ)です。

たった12分で成功へ導ける「DNA別クロスモードトレーニング」がアプリで見れるDNA別クロスモードトレーニングとはもっとも活性酸素の量を抑える事ができると言われているすごいメニューです


監修

・抗加齢協会

・森下竜一教授

 大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学教授
 日本知財学会など各学会の理事
 抗加齢協会副理事長を務める
 政府の規制改革会議委員で健食の機能性表示容認を提言
 健康医療推進本部(本部長 安倍内閣総理大臣)戦略参与も兼ねる

・米大リーガーやNFL選手の専属トレーナー

 怪我を治す理論を構築独自のストレッチ方法を開発し怪我をしにくい体を作ることを米アスリート達に教えている。
 トミーラスオーダー、ローガンホワイト等

 「DNA解析キット」ご購入の方はこちら

 「DNA解析キット」取扱いご希望の方は、メールでお問い合わせ下さい。

     メールアドレス:info@jewel-life.com


DNA解析結果を日常でしっかりと活かしたい方は、

St Flair DNA栄養学®スクールで学んで頂くことをおすすめします

ジュニアアドバイザー・認定DNAアドバイザーコースについてはスクール詳細ページへ 

 スクール詳細